Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.01.25 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Cafe+Sweets

小京都の古民家カフェ "三丁目カフェ Bonne-cura"

僕は皆さんが思っている以上に
すっごいマメにカフェ情報チェックしてます

なのに なのにですよ
昨年オープンしたこの店を全く知らなかったのです


福井の情報誌URALAの3月号
「春のおでカフェ案内」で初めて知りました

OPENは昨年2012年の3月
ちょうど一年前ですね

小浜公園の近くの少し入り組んだ
古民家の並ぶ小路にお店はあります

ちりとてちんのおかげで
少し観光地化してるみたいで
お客さんも僕以外は観光客でした

ここまで難なくたどり着いたのかと言うと
URALA記載の住所が間違っており
小浜市小浜香取を小浜市香取と記載されていたため
ナビで検索できずに近くまで来たところで電話し
やっとのことで探し当てました

ちなみに駐車場はあるのですが
小浜公園の駐車場に停めた方が良いです


もっと観光地のカフェっぽいところを想像してたのですが
以外ときっちりした古民家カフェで少し得した気分

上記したように観光客の方が二組先客でおられ
お目当てのコルビジェ(風)のソファには座れませんでした

とりあえずはスイーツセットをオーダー

待ってる間に一組が出て行かれ
席移ろうかと思ったけどまぁいいやと

ほどなくガトーショコラが運ばれ
そのあとに三丁目ブレンドが

ガトーショコラは素朴な味で
珈琲も癖がなく飲みやすかったです
どちらも優しい味って感じで

グリーンカフェを紹介した舞鶴の素敵作家
なごみ屋さんにもLINEで情報送ったら
「店名の由来をお聞きあそばせ ホーッホッホ」
と御下命を賜りましたのでお聞きすると

フランス語で「良い」と言う意味のBonn
それとイタリア語で「気遣い」と言う意味のcura
二つ合わせて作った造語とのことで
もともとは博打用語でサイコロを見通す能力の低い
おまぬけさんを指す俗語だったとのことです

そのことをなごみ屋さんにお伝えすると
「あら 店主がボンクラだからではなかったのね ホーッホッホ」
とのたまわれておりました

ちょっと調べたら、フランス語のボンクラージュからきた
「がんばれ」って意味のボンクラもあるとのことですが
こちらは聞いたことないですね

帰り際にカウンター上部の庇についてお聞きする時
建築に携わっていることをお話したら
「二階に座敷もあるんですが見ますか」
とお見せいただきました

カメラを忘れたため スマホで何枚か撮りましたが
あまり良い絵が撮れなかったので
一枚だけ上の写真で紹介させていただいてます(右上)

ここは元々お茶屋さんだったそうで
変に手を加えず簡単な改修のみだそうです
とても大事にされてきた建物と分かります

しかしお茶屋さんだったとは
道理でオーナーに品があると思いました

ちなみに冒頭でこの店を知らずに悔しがってましたが
この店の4,5件先にも古民家カフェがあり
ここは2010年のGWに開業されてます。

ここをURALAで知った後に
念のため検索してみたら
フツーにHITしました…

あれだけマメに情報収集してたのに

ただ、そのカフェは関西のオーナーさんで
週末営業な上冬季は休業とのこと

一応twitterやられてたんでフォローしましたが

Bonne-curaさんは気に入ったし
気になるお店もあるので
次の休みも小浜行ってみたいと思います

:::::

イッタラティーマのテラコッタが廃番

 

今のうちに買っておかないとなぁ
と思いつつもお金がない
しくしくしくしくしく
:::::

・・・・・<皆様からの応援がブログ更新の励みです>・・・・・

    ブログランキングに参加してます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

     バナークリックよろしくお願いします!










  • 2013.03.03 Sunday
  • 20:14

-

スポンサーサイト

  • 2014.01.25 Saturday
  • 20:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback