Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.01.25 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Cafe+Sweets

里山カフェ&クラフトギャラリー「ここいろ」《嶺南紀行第六話》

またまた福井県嶺南地方へカフェ探しに行ってきました

幹線道路から外れ 結構奥まった場所にありましたが
案内板が要所要所で出ていたので迷うことなくたどり着きました
ロケーションは最高!! まさに隠れ家カフェ♪

実際の用途に使われてるのでしょうが
レトロな消火栓がまたいい味出してます

外観はちょっとしたギャラリー風 玄関周りも民家の良さと
ちょっと地中海風の意匠が入っていい具合に融合してます


店内に入ると 記事で見た通り地元の主婦の作品が並んでおり
全体的に主婦の方々が好む民芸風の雑貨です

街中でこういったものを見ると拒絶反応が出るのですが
環境のせいか何かホッとした気持ちにさせられます

店内はも外観と同じように和と洋が入り混じった感じ
古民家+地中海+アジアン それにナチュラル系の意匠
それが上手いこと絡みあっていい味を出してるのです


お店の方に
「記念に店内撮影してもいいですか?」
とたずねると快諾していただけました

「どこから来られたの?」と聞かれたので
富山から来た旨と将来カフェを開きたい事を話し
建物の意匠が素晴らしいのでプロの手が入ってるのか聞くと
「ちょっと待ってて」と奥から何かを手にしてこられました

見ると「サイトウトシユキ展」なるポストカード
「あいにくこのイベントは終わったんだけど
ご本人のHPが載ってるんで興味があれば」とのこと


震災にあったいわき市出身のアーティストで
現在は宮崎県を拠点に活動中とのことで
この方が全体的な意匠を手がけられたそうです

どの辺までがこの方のプロデュースなのか聞いてませんが
什器や食器などもかなりいい味出してました


またこの建物自体は元々須恵野焼を教えたり
農業体験の宿泊所になってたのですが
なかなか人が来なくなり建物が遊んでいたので
その有効活用として地元主婦がカフェを始めたのだとか

でも宿泊所としてはまだ使われているようで
奥の部屋はその用途になっているようです

小さい建物ですが席数は結構多く
家族連れでも全く問題はありません

この日はあいにくお腹がすいてなかったのでコーヒーのみ
ケーキセットも600円と安く ランチもそそりました

カップとして使われていたのは蕎麦猪口でしょうか
丁寧に淹れられたコーヒーをそれで美味しくいただきました

玄関口の100円野菜を購入して
GWに再訪を誓い この素敵なカフェを後にしました


*
 
<画像クリックで詳細ページ飛びます>      

     



  • 2011.03.31 Thursday
  • 03:45

-

スポンサーサイト

  • 2014.01.25 Saturday
  • 03:45
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
蕎麦猪口珈琲カップ素敵ですね〜。美濃焼なんでしょうか。今度美濃焼の珈琲カップ探しに行こうかな。
  • ざわわん
  • 2011/03/31 6:28 AM
>ざわわんさん

美濃焼きお好きなんですか?

焼き物はあまり詳しくないけど
こう言った良い物と出会うと欲しくなりますよねぇ
  • さいばぁ
  • 2011/04/01 6:29 AM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback